teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


アクティのエンジン

 投稿者:HBB  投稿日:2017年 9月 2日(土)10時23分44秒
  アクティバンのエンジンをヤフオクで調達しました。
商用車のエンジンで5万km、製造から5年以内、価格5万円以内という条件で探すと
出物が少なく苦戦しました。
フライホイール、強化クラッチも調達して壊れないターボ化計画が進行中。
 
 

N-WGN不満爆発!(怒)

 投稿者:HBB  投稿日:2017年 8月26日(土)04時00分43秒
  N-WGNターボの新車を買いました。
ライフJB7を80点としたら、20点くらいの評価ですね。
不評を言えばきりがありませんが、一言で言えばホンダらしさが感じられません。
①エンジンがうるさい。ディーゼルエンジンかよ?
②本当にツインカム? 吹けない、レッドゾーンが7000rpm
③本当にターボ?加給している感じがない。
④ロールが大きい割には、路面の衝撃を吸収出来ない。
⑤ロードノイズがうるさい。特に前より後方。
 →我慢出来ずにタイヤを純正BSからDLのスポンジ入り低騒音に変更。
⑥スペアタイヤが無い。応急用充填剤が付属しているが、スポンジ入りタイヤ
 に使えない。
⑥フロアカーペットを剥がすとアンダーコート、防音材等の騒音対策がない。
 →我慢出来ないので対策を検討中。
⑦ドアの締まりが悪い。雨漏りは、ホンダの定番。リコールでウエザリップが
 変更されたのが原因。高級車でもサンルーフ付きを買ったらあかん。
⑧開発段階で本当にテスト走行をしているの?
 パドルシフトのプログラムを作ったヤツは、頭悪すぎ。クビにしろ!
 7速からシフトダウンすると、なんでいきなり3速なんだよ。衝撃が大きい。
 オートドライブの状態でシフトダウンをしても解除されない。エンブレ効か
 ずに加速する。
⑨発進時にCVTのスリップで進まない。
⑩アイドルストップ? 一時停止でいちいちエンジンを止めるな。
 ブレーキを踏んでいる時だけかよ。交差点で待っている時に足が疲れる。
 なんでニュートラルでは、アイドルストップしないの?
 この程度のアイドルストップで燃費が本当に変わるの?
⑪ガソリンスタンドの窓ふき厳禁!
 ボディーの鋼板が薄い。車に寄りかかったり、手をついただけで凹んでしまう。
 ディーラーの納車時にデント屋を呼ぶことが多くなり、繁盛しているらしい。
⑫本当にエコなの?
 平均燃費表示では、ライフJB7と比較して2km/Lくらい良くなっているように
 見えるが、走った距離からガソリン満タンで使った量を割ると平均燃費にかなり
 違う。燃費は、良くなっていない。

総論
ホンダ車限った事では無いが、これだけ文句の書ける車が世の中に増えたのが事実。
ナビレスなのにバックカメラ標準装備とかいらない物を付けているくせに変なコスト
削減をするんじゃねーよ。(怒)
 

クランクシャフトの加工

 投稿者:HBB  投稿日:2017年 8月26日(土)02時32分19秒
  クランクシャフトのベアリングが当たる部分は、少し研磨して
酸化クローム仕上げです。
この加工により、クランク/コンロッドのメタルは、緑・桃・黄
くらいのサイズに絞って40μmに調整しています。
ピストン、プーリー。フライホイールと組み合わせてダイナミック
バランスを調整する事も大切です。
これらは、気持ち良く吹け切るエンジンを作る基本です。
 

ターボエンジン

 投稿者:HBB  投稿日:2017年 8月26日(土)01時59分14秒
  ご無沙汰です。
とりあえず、アクティトラックへ搭載するエンジンの部品を注文しました。
使う部品は、下記の構成です。
・シリンダーブロック/E07Z(HA6)
・ピストン、ピストンリング/E07ZT(HM3)
・コンロッド/P07T(ゼストターボ)
・メタル/P07T((ゼストターボ)
・ヘッドガスケット/メタルタイプの強化品
とりあえず、ノーマル排気量、シリンダ補強仕様です。
P07Tエンジンの部品を使うところがポイントです。
部品を買ってみれば意味が分ります。
軽トラのミッションでは、ターボのパワーに会わないので
HA6用ミッションケースにビートのギアとファイナル、LSDを入れた
仕様です。
これで最高速度175km/hです。
HA4のファイナルを使えば180km/hになりますが、最大積載量
700kg(過積載)での発進が辛くなります。
 

ずっとE07Aをいじっています

 投稿者:四級整備士  投稿日:2017年 7月 1日(土)06時17分52秒
  ご回答いただきありがとうございます。

お久しぶりです。
現在はレース活動を引退しましたが、ずっとE07Aをいじっています。
一時、当サイトが見つからなくなったので閉鎖しちゃったのかなと残念に思っていたのですが、マニアックなGoogle検索をしていたら(偶然?必然?)HBBさんのサイトを見つけたので質問させていただきました。

またお世話になる事があるかもしれませんが、お付き合いいただけましたら幸いです。
 

三元触媒方式

 投稿者:HBB  投稿日:2017年 6月25日(日)02時21分46秒
  四級整備士さま
お久しぶりです。仕事が忙しくてお返事が遅くなりましいた。
E型エンジンの登場は、1988年。その当時の排ガス規制対策は、三元触媒方式を
採用しており、排ガスの一部をEGRを介してインテークマニホールドに還元させて
再燃焼をさせていました。
その後、PGM-FIや触媒装置の技術進歩でEGRを使わなくなった名残だと思います。
シティーやシビックのD型エンジンと同様にE型エンジンにもキャブレターエンジンが
しばらくEGRが残っていました。
同じE型エンジンでもE-07Zには、エキゾーストポートに穴がありません。

 

ホンダの考えてる事

 投稿者:四級整備士  投稿日:2017年 5月13日(土)00時25分10秒
  HBB様。お年玉ありがとうございます。
先日、E07Aのメタルを組みました。クリアランスを広くしようとしていたのですが、ジヤーナルとメタルの組み合わせで、私の場合メタルクリアランスは親子とも33~34μにしか出来ませんでした。

さて本題ですが、E07Aの排気ポート(バルブガイド付近)にある穴(行き止まりなのでレゾネーター?)は何のためにあるのでしょうか?

ホンダの考える事なので消音メインなどではなく、充填効率の向上の為かなと思うのですが、いろいろググっても具体的な回答は得られませんでした。
何かご存じでしょうか?
また、他のエンジンでもその様な仕組みの物はあるのでしょうか?

 

メタルクリアランス

 投稿者:HBB  投稿日:2017年 1月 7日(土)05時14分30秒
編集済
  あけましておめでとうございます。
今日は、お年玉としてHBBが行っているメタルクリアランスの測定方法をご紹介します。
メタルクリアランスをプラスチゲージで測定してる方やシリンダーブロックの勘合符号で合わせている方は、話にならんのでどこかに行っててください。
ホンダエンジンのメタルベアリングは、5/1000mm単位で6種類くらいの設定があります。
市販車のメタルクリアランスは、だいたい25/1000~30/1000mmくらいでクランクシャフトの中心だけ少し狭めに設定されています。
これに対して私がエンジンを組む時は、メタルクリアランスをすべて40/1000mmとかなり緩めに組んでいます。
また、緩く組むとエンジンオイルの抜けが良くなり油膜を維持できなくなるため対策としてオイルプレッシャーレギュレータのスプリングにワッシャーを入れて油圧を少し上げて対処しています。このセティングを行うためには、クランクシャフトのたわみ修正を行っておかなければ意味がありません。クランクシャフトは、タイヤモンドペーストで磨いたり、メッキ処理でつるつるにしておきます。
さて、肝心な測定方法をご紹介します。
私がエンジンを組む時は、ガレージの片隅ではなく、組み立て専用ブース(ただの物置)をお掃除して作業台に組み付け部品を並べてエアコンを24度に設定して数時間寝かせて室温になじませてから測定を開始します。要するに1/1000mmを測定するためには、温度や埃の影響があるって事です。
次に1/1000mmの測定が出来るマイクロメーターを使用してクランクシャフトのジャーナル径をすべて測定してメモを残しておきます。
そして測定したジャーナル径に40/1000mmを足した値のメタルベアリングをシリンダーブロックやコンロッドに組み付けて規定トルクで締め付けます。この時、クランクシャフトは、組み付けません。注意点としてメタルベアリングの腹は、触らない。指紋や汚れで測定値が変化するのを防ぐために両端を持って組み付けます。
そして測定です。マイクロメーターを測定したクランクジャーナル径に合わせて1/1000mmが測定出来るダイヤルゲージをボアゲージにセットしてクランクジャーナル径に対してタイヤルゲージをに0に公正してから組み付けたメタルベアリングの内径を測定します。注意点として測定は、一発勝負です。何度もやるとメタルが傷ついてやるたびに数値が変わり正確に測定できません。ダイヤルゲージの値が+40μmなれば合格です。数値が前後する場合は、メタルを交換して再度測定を行います。
最後にクランクシャフトを組み付けて手で回してみてください。軽く回り続ければ問題ありません。これだけでかなり吹け上がりが向上します。
この方法は、某自動車研究所で働いていた方に教えてもらいました。
自分で実際にやってみて理屈さえ分かれば、プラスチゲージは、話にならない事が良くわかります。エンジンを組む際は、是非やってみてください。チューニングショップに依頼する時は、メタルクリアランスの測定方法やクリアランス値、作業環境を調べてから依頼する事をお勧めします。
 

ガセネタ!

 投稿者:HBB  投稿日:2016年12月 4日(日)18時51分29秒
  大昔に使わなくなった。XP のパソコン探して来てホンダ電子パーツカタログを開きました。
E07Z のコンロッドは、ライフ、Z、アクティなどNA 、ターボな関係なく全て同じパーツ番号!
ダンクターボが5mm長いというネットの書き込みは、ガセネタと分かりました。
 

わからない事だらけ。

 投稿者:HBB  投稿日:2016年12月 2日(金)21時00分40秒
  E07Aシリンダーヘッドの燃焼室容積は、何ぼ?
過去に測定したデータがみつからない。
たぶん、30cc 前後と思われるが、分からなくなりました。誰か教えて!
ターボエンジン開発も泥沼に入っん。抜け出せません。
机上で見えてきたのは、その先に考えている。785ccエンジン。


 

レンタル掲示板
/14